(医)英和会 坂本内科胃腸科クリニック 中山駅駅前
TEL:045-935-7811
患者さんの立場にたった、分かりやすい治療を心がけています。消化器の専門医として新しい技術を取り入れながら地域医療に貢献していきます。

www.sakamoto-mc.com
All Rights reserved.

院長室だより               

★体内時計★


人間は、朝になると目が覚め、決まったころにお腹が空き、夜になると眠くなるといった
生活リズムがあります。これは体内時計の働きによるものです。体内時計は、体温や睡眠、
ホルモンの分泌など全身の機能をコントロールし、心身の健康を維持してくれます。
そのため、体内時計が乱れると様々な不調の原因に。うつをはじめ、睡眠障害や免疫力の低下、
認知機能の衰えにも影響があることが分かっています。


★糖尿病★


偏った食生活や運動不足、肥満、遺伝的な体質などにより、インスリンの
分泌量や働きが徐々に低下すると食事の糖を消費しきれなくなり、
血糖値が異常値を示すようになってしまいます。糖尿病の食事療法は大変ですし、
治療がインスリン薬物療法にまで進むと更に管理が大変になり、
ストレスが加わります。さらに、合併症へ進行する不安は常に付きまといます。
なかでも下肢切断につながる神経障害、視力低下や失明の原因になる網膜症、
人工透析が必要となる腎症は3大合併症と呼ばれ、これまでと同じ生活が
できなくなるリスクが大きい症状です。糖尿病は早期に治療し、進行を抑えることが
大切となります。


★認知症★

人の名前が出てこない、どこに置いたっけなど思い出せないことが
増えていませんか。それは単なるもの忘れではなく、認知症の前触れ
かもしれません。認知症の一番の問題は家族に迷惑をかけることです。
徘徊や失禁を繰り返したり、大きな声で暴言を吐くなど、認知症を発症すると家族に
多大な迷惑をかけてしまます。そんな残状態を防ぐためにも、早急に医師に相談し対策を
始めましょう。


★口臭の原因★


気をつけているつもりでも取れない口臭は、
口の中で繁殖した細菌が原因なこともあります。細菌は歯磨きしても歯と歯の間や
歯肉の奥などに潜んで生き延び、数時間で繁殖します。口臭対策は
細菌の徹底排除が要になります。


★冬季うつ★


冬になると気分が落ち込んでやる気が起きない、
暖かくなれば良くなるからガマンしようなどそんな経験を
毎年くりかえしていませんか?冬季うつは、秋から冬にかけて
うつ状態になり、春には回復する季節型うつ病で気分の落ち込みや
倦怠感などは一般的なうつ病と同じですが、食欲がなくなり、
眠れなくなることが多い一般的なうつ病とは異なり、
過食・仮眠といった溜め込みタイプなのが大きな特徴で、
そのため冬季うつは、動物が冬眠する様子に似ているとも
言われています。冬季うつが疑われる場合は、春まで無理して
耐えようとせず、楽に過ごせるコツを実践してみましょう。


( P-1 / 359 ) 次のページ